Home »

たるみやしわに美容皮膚科の水光注射

悩む女性

年齢を重ねるごとに、肌のたるみやしわが気になるという人も多いのではないでしょうか。肌が弾力を失うことによって、たるみやしわは大きく目立ってきます。それに伴い肌もくすみ、実年齢より老けて見えることにもなりかねません。
たるみやしわを減らし、より若く見えるためにはどのような方法あるでしょうか。

たるみやしわを改善する方法として水光注射が注目されています。水光注射は、皮膚のすぐ下にある真皮という組織に、ヒアルロン酸などの美白成分を注入し、肌を内側からよみがえらせるという治療法です。コラーゲン成分やポリシクレオチド成分などを直接注入しますので、高い美容効果が感じられるでしょう。
肌の悩みによって注入する成分が変わるため、カウンセリング時に肌の気になる部分がどこなのか、医師とよく相談するとよいでしょう。

初めて治療を行う場合には、2週間程度の間隔で数回注射を行い、その後、3か月から半年の間隔で更に続けていくことになります。肌全体にまんべんなく注射を行うため、小じわの改善だけでなく、肌のハリやがよくなったり、くすみや毛穴も目立たなくなるでしょう。

これまでの治療法には「パナージュ法」や「ローラ法」などがありましたが、光療法に比べ、効果が限定的ともいわれています。そのため副作用も少なく安心感のある光療法が注目されてきていると言えるでしょう。もちろん人によってはこれまでの治療法が合っていることもありますので、医師と相談しながら治療を進めていくといいでしょう。 肌に自信が持てるとお化粧をするのが楽しくなったり、自分にもっと自信が持てるようになるかもしれませんね。

肌のくすみの改善だけでなくYAGレーザーは毛穴の引き締めも

美容治療道具

毛穴の引き締めだけではなく、シミやそばかす、肌のくすみの改善などにも効果があるといわれている治療方法の一つが、YAGレーザーです。YAGレーザーは複数の波長を目的に合わせて使用できるレーザーで、毛穴の引き締めに使われるのは1064nmという波長で、細かく肌全体に照射されます。表皮から真皮に熱を与えることが可能で、毛穴の改善や引き締め感などに影響をもたらす作用です。
毛穴の改善の中でも穏やかな作用を期待する人に最適といわれています。

メリットとしては財布にやさしく、ダウンタイムがないことです。レーザーの先端から肌に均一に当たるようになっているため、やけどをする心配はありません。費用も比較的低価格となっているため、生活に支障をきたすことなく継続して治療を受けやすくなっています。受けた人の肌の状態によって違いますが、2週間から1ヶ月に1度受けることによって、効果を実感しやすいのが特徴です。
基本的には6回前後実施することで、効果を実感する人が多いといわれています。

デメリットとして挙げられるのは即効性がないことです。人によっては何となく肌の調子が良いと感じる人もいますが、数回継続しないと実感できない人も多いです。年代によってターンオーバーの周期は異なりますが、若い人なら1ヶ月に1度、ある程度年齢を重ねている人なら、2週間に1度から始めると効果を実感しやすくなるでしょう。

日本のYAGレーザーは痛みがないといわれていますが、施術を行う医師の熟練度や受ける人の体質によって痛みを感じる場合もありますので、あらかじめカウンセリングで確認してください。